技を極める「柔よく剛を制す」整体にも言えること

「技」という文字で思い浮かべることはなんでしょうか?

個人的なのですが、

整体の仕事での技。

そして長年柔道をやってましたので、柔道の技。

私にはこの二つのイメージが大きいでしょうか。

ネットニュースで以下のような動画が紹介されていました。

柔道を習っていた方ならご存知だと思いますが、

三船久蔵十段の動画です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E8%88%B9%E4%B9%85%E8%94%B5

凄い!の一言。

そして、本来の日本柔道はこれだよな・・・

と、技の美しさに魅了されました。

それに比べて国際柔道は全く美しくない。
技の美しさにもこだわる日本の柔道はどこにいったのか?

少し悲しくもなりました。

柔道をやっているとわかりますが、
相手は本気で投げようとしています。

それをすべて受け流します。

力じゃない。技です。

特に肩車という技がすごい。
あんなにきれいに決まっているのは見たことないです。

全く力を使っていない。

相手の僅かな隙をついて、素早くかけている。

演武にしたって、なかなかできない技です。

私たちの手技にも通じるものがあります。

門下生にも指導するんですが、
整体の技は力じゃないんだ!

全て相手に合わせたうえで、相手の環境を壊さず、
利用すること・・・

痛みがとれること、その痛みを取る技が正しかったとき、

その技を使った整体師自身が、
あっけにとられるほど簡単に良くなったりします。

三船十段は、おそらく相手の僅かな動きからこれから、
相手の動きをすべて予測できたのでしょう。

人間の身体の使い方は永久に変わることがありません。

間違った使い方をすれば汚い動作になる。

正しい使い方をすれば美しい動作になる。

何でも同じなんですね。

動画を見ていい勉強になりました。

三船十段の足元にも及ばない私ですが、
整体の技も、ここまで極めたら思い残すことはない・・・そう思いました(笑)

関連記事

  1. ニートや引きこもりをなくすには?

  2. 整体師の情報とは、技術や経営スキルもその一つです。

  3. 専門家の意見よりド素人の友人の話を信用する事実。

  4. 凡人でも近づこうと行動し、努力することはできると思います。

  5. 生物は、ある程度のストレスがないと、逆に弱ってしまうのだそうです。

  6. 施術技術や整体院の経営計画は、仕事をする上で、道具に当たります。

カテゴリー

最近の記事 おすすめ記事
  1. 四十肩・五十肩/上腕(肩関節)の前方変位解説
  2. 講義資料「身体の歪み」について
  3. 講義資料「程度と加減」について
  4. 整体院経営はオンリーワンでも孤独にならないこと/学院三法について
  5. 座位爪先回転法/脚全体(片脚)酷い硬縮・痛み