幸福の話をこれほどまでに聞かされていなかったら

———————————————————-
幸福の話をこれほどまでに聞かされていなかったら、 人間はもっと幸福だったろう。
———————————————————-

上記はフランスの作家シャルドンヌの名言です。

なるほど、当を得た名言ですね。

幸福と言う概念があるからこそ、不幸という概念があります。

幸福とはこういうものだ・・・

というイメージが各自の幸福の度合いを決めるのだと思います。

例えば、昔。

昔の日本であれば、江戸時代とか、それより前の時代。

食べ物も粗末で、毎日決まった食物にありつけたかどうかわからなかったような時代。

白米を食べれれば、これ以上のご馳走はなかったという話も聞きます。

白いご飯をおなか一杯食べれさえすれば、幸福だった時代もあります。

世の中の概念が変わり、情報として幸福の概念が浸透すると、

今の時代は、これが幸福なのだ・・・

そんな概念が広がるのでしょう。

ということは、

今の時代、情報過多です。

これがなければ、幸福でない。

こういう生活でなければ不幸せ。

物がなければ貧乏。

貧乏は幸福ではない。

家があり、車があり、綺麗な服を着て、

人からうらやまれる生活をして、初めて幸福感を得られる。

これは、全て人間が作り出した概念です。

幸福と言う言葉さえなければ、不幸という言葉もないわけです。

今、自分自身が幸福かどうか、それを考えること事態、

不幸ではないのか?

という自問になります。

シャルドンヌの名言にあるように、

幸福という幻想を知れば知るほど、人間はそれを達成しない限り、

不幸だともいえるわけです。

白米を食べて幸せだな~

と思えるように。

更には生きているだけで幸福だ。

と言えることができれば、最高ではないでしょうか。

その上で、健康があり、物質的に恵まれていることは、

奇跡的なこと。

そう思えることが一番の幸せだと思います。

そんな人間になれたらなぁ。

と考えます。

【お知らせ】

CSR整体師育成コースはすでに締め切りましたが、現在入校を検討中の方に限りご相談の上入校を判断したいと思います。

以下、詳細ページです。

http://bodyschool.jp/csr/

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

入校をお待ちしてます。

関連記事

  1. 整体をやってよかった!最期を見送ることができたから…

  2. 門下生の津島先生、凄い行動力!

  3. 研修生の多くが思うこと「まずは大切な家族を笑顔に」

  4. 2010年2月静岡本校入校式

  5. 整体院の経営は理不尽が当たり前?

  6. 四十肩・五十肩/上腕(肩関節)の前方変位解説

    四十肩・五十肩/上腕(肩関節)の前方変位解説

カテゴリー

最近の記事 おすすめ記事
  1. PayPalのオンライン決済について (受講料のカード、分割払い)