施術技術や整体院の経営計画は、仕事をする上で、道具に当たります。

method_img1

施術技術や整体院の経営計画は、仕事をする上で、道具に当たります。

私たちのような職業は、無形の情報を扱う仕事です。
例えば、報道の仕事もニュースを扱いますから、

内容自体は無形です。
形になるのは、その情報を入れる紙や受像機器をとおしてのことです。

また、このような職業に携わる方たちは、
情報の価値をわかっています。

私たちのような療術業の仕事をしている多くの方は、
技術や理論がもっとも大切で、次に経営方法やその計画が大切である。
仕事をするための様々な考え方は三番目。

と、本来は柱となるべきことを軽んじている方が多いと思います。
情報を扱う仕事ではなく、店舗での物販であれば、かならず仕入れが必要です。

仕入れをして、店頭で商品として販売します。
仕入れをせずして、物販は不可能です。

物と無形の情報について比較して、形がないから価値がない・・
そう感じることが、思考が硬直する原因になってしまいます。

技術を向上させ、磨くことはあたりまえのことです。
その情報とは、新たな技術や考え方について、

対価を支払い、学ぶこともあるでしょう。
一度、いい情報を仕入れてしまえば、それで満足・・・

そう考えるのは間違いです。
特に私たちの方法は、人に触る技術とは、全体の割合として、
それほどのことではありません。
むしろ、それ以外のことのほうが沢山あります。

人間でいれば、意識と無意識にあたります。
意識は、直接触れる手技療法。
無意識は、自分以外の相手の身体と心の過去の情報です。

このようなもっとも大切な情報は、自分の今いる場所に留まっていては、
良い情報は絶対に仕入れることができません。
良い情報とは、人を知るということです。

もっと掘り下げると、相手の感情を理解することです。
感情が理解できれば、今起きている、様々な不具合が理解できます。
感情により、経済も動きますし、争いや戦争だって感情から起こります。

これらは、誰に教えてもらうものではなく、自分から知ろうとしなければ、

絶対「仕入れ」ができない情報です。
本を読むだけでもダメです。
行動しなければ無理です。
ある人に会いたい・・・

と思えば、直接あって話をしなければその方の真の情報伝わりません。
五感を通して、臨場感を感じるからこそ、真の情報として腑に落ちるのです。
なので、情報は常に新しいものを仕入れることが大切です。
現状に満足し、行動しないということは、今の自分自身に満足し、
引きこもり体制に入っているということになります。
仕入れは面倒、なくても商売ができる・・・
そういうことになります。

日本回復整体総合学院

日本回復整体総合学院学院講師陣

投稿者プロフィール

当学院の「回復整体」に触れていただく(間口を広げる)ことで、 あなた自身が・あなたの出来る力で・あなたの周りの人を喜ばせること =「真の自立」を目指した整体師の育成をしていくこと。 これを新たなミッションとして、平成26年に新コース 「CSR整体師育成コース」を開催することに決定いたしました。「地域で一番愛される整体師」そして「地元で貢献できる人間」を目指して、回復整体であなたの自立のお手伝いをしていきます。 たくさんの笑顔がみられるように、当学院講師陣も精一杯頑張っていきたいと考えています。

この著者の最新の記事

関連記事

csr

CSR整体師育成コース募集中!!

  新たなコースを開設しました。それが「CSR整体師育成コース」です。 これからの整体院のあり方は、価格競争に巻き込まれることなく、誰かの真似をしたり、流行りの健康器具を際限なく取り入れることをしないことです・・・

ピックアップ記事

  1. CSRコース募集開始しました。

    入学をお待ちいただいていた皆さまにお知らせです。 昨年より募集を一時停止していた「CSR整体師…
  2. 回復整体とは

    回復整体とは 回復整体は、そのあまりのやさしい施術に、施術中に眠ってしまう不調者さんも珍し…
  3. 地域密着型の整体院

    地域密着型の整体院 これからの世の中に必要なのは地域密着型の整体院 「あなたから施術を受けたい」…
ページ上部へ戻る